少年が夢みたもの

少年が夢みたもの

百点美術館  河野保雄著

B5変型・角背・上製・カバー装
176頁(オールカラー、図版60点)

定価:2,800円+税

近代日本絵画珠玉の名品60点掲載!!

福島にある「百点美術館」の館主・河野保雄が、幼い時から夢みた思いが、美術館オープンにまで辿りつく物語。

秋祭りの見世小屋の前に立ち、粗末な看板絵を心躍る思いで見上げていた少年は、やがて四十数年の歳月を経て「百点美術館」へとたどりつく。その館内には近代洋画の名品が勢揃いしている。本書は、少年が迷走を重ねながら数多くの名画に出会い、それに触発されて、「人間、その摩訶不思議なもの」の内奥に分け入り、大人になっていく物語である。

 

 

タイトルとURLをコピーしました