音楽と絵画(下)マーラーとクリムト、民族楽派から20世紀まで

音楽と絵画(下)
マーラーとクリムト、民族楽派から20世紀まで

倉林 靖 著

A5判/188頁(カラー4頁)

定価=2,000円+税

 

「ベートーヴェン・フリーズ」は、ウィーン世紀末のクリムトとマーラーの、どんな類似性を示しているのか─近代から20世紀の、音楽と絵画の関係の記述。

 

第4章 マーラーとクリムト
第5章 民族のイメージ
第6章 20世紀─実験と激動の時代

 


 

 

〈関連商品〉

音楽と絵画(上)バロック、古典派からロマン派まで

 

タイトルとURLをコピーしました