音楽現代2022年の表紙

「音楽現代」2022年の表紙より、新しいシリーズが始まりました。
精緻な描写で「音楽」の世界を表現する(株)イノベーションパートナーズ所属コンテンツクリエーターのナオキ・シシドさんの作品で彩られていきます。

このページでは、毎号の表紙を解説してまいります。

音楽現代2022年1月号─「音と記憶」

 

タイトル「音と記憶」
音楽が心に記憶されていく様子を表現しました。ある音楽を聴いたときに芽生えた感情や、その時に見ていた景色。これらはどんなに時間が経ってしまっても、その音楽を聴くと不思議と鮮やかに蘇ってきます。音楽の、記憶の扉を開ける鍵としての側面を思いながら描きました。(ナオキ・シシド)

 

表紙を眺めていると、とある曲が聴こえてきます。

楽譜を見つけられましたか?
この曲は……

そうです。
モーリス・ラヴェル/「ボレロ」の冒頭のフレーズです。

最初から最後まで規則的なリズムが刻まれ、そこに何度も何度も同じメロディーが繰り返し現れる曲で、時の流れを意識して聴かれる方も多いかもしれません。

楽譜から少し下に視線を送るとそこには花が3つ並んでいます。

左から、寒菊、福寿草、福寿草。

寒菊は、12月31日の誕生花。
福寿草は、1月1日の誕生花。

演奏が進み、1月1日へ日付が変わっていく様子が描かれています。

視線をさらに右下に下げていくと、ハート型が。心臓の鼓動もまた一定のリズムで刻まれていきます。周りに歯車の歯も描かれており、これは時計にみたてられているそうです。

また、右側のうずまきは、聴覚をつかさどる器官「蝸牛」をイメージされているそうです。

音楽を感じる心と経過していく時間。

「音楽を聴いている時に見ていた景色は、音楽とともに少しずつ記憶の扉の奥に形作られてゆき、遺伝子レベルの記憶として私たちに刻まれているのではないか?」
というシシド氏の考えが詰まった作品です。

イノベーションパートナーズ様で小誌についてもご紹介いただきました。
https://innovation-partners.jp/news/2021/12/14/983/

 

音楽現代2022年2月号─「白鳥と夜の湖」

 

タイトル「白鳥と夜の湖」

白鳥の初恋を描きました。冬の夜の湖。自然界の無常を伝えるように、湖面を撫でる風と波の音だけが静かに響きます。凍てつくような寒さの中で、2羽の白鳥が芽生えたばかりの温かな思いを分かち合います。永遠の安息が約束されない世界で愛し合ういのちの力強さ、美しさを表現しました。(ナオキ・シシド)

凍てつく世界での強い生命力と惹かれ合う姿から聴こえてくる音楽をぜひ想像してください。
作品に込められたさらに細かな意味を、ナオキ・シシドさんに解説していただきました。

  1. 十字架にみたてた雪の結晶
    =自然の無常。常に死と隣合っているさま、メメント・モリ(memento mori)。
  2. 時計回りの歯車の歯
    =静かに刻々と流れる時。
  3. スノードロップ
    =花言葉は「初恋のため息」。
  4. サン=サーンス「白鳥」の冒頭(ハ音記号での楽譜)
  5. 白鳥のカップル
    =左は雌。静かに漂いながらも、雌から伸びる青い線は、殺風景な景色のなかでもひときわ輝く様子を表している。 右は雄。雌の輝きに魅せられ、着水してきた。
  6. DNAの二重らせん構造
    =厳しい自然の中において命がけで行われる生物の営みを表現。

イノベーションパートナーズ様で、2月号についてご紹介いただいています。
https://innovation-partners.jp/news/2022/01/14/998/

ぜひ、雑誌を手に取って作品も一緒にお楽しみください。

 

ナオキ・シシド(株式会社 イノベーションパートナーズ所属コンテンツクリエーター)
会社員として働く傍ら、佐賀県嬉野市の老舗旅館「和多屋別荘」内のアトリエにて創作活動中。2021年夏、「循環する生命」をテーマに書道家・山口芳水氏とのコラボレーション作品を制作。若手アーティストの登竜門「Independent Tokyo 2021」にて同氏に披露いただく。その他「和多屋別荘」館内レストラン”SHINZO”にて作品を展示中。生物や機械のモチーフを多用した精緻な異世界描写や感情表現が特徴。

 

 

・*・*・*・*・*・

 

「音楽現代」を購入したい方は、最寄りの書店、楽器店などでご注文いただくか、発売日以降、ネットショップの下記リンク先からご購入ください。定価は880円です。(リンク先で音楽現代が表示されない場合がございます。その場合は、ショップの検索BOXにて「音楽現代」または「491002169」で検索をかけてください。)

楽天で「音楽現代」を探す

タワーレコードで音楽現代を探す

紀伊國屋書店で音楽現代を探す

HMVで音楽現代を探す

 

タイトルとURLをコピーしました