一冊まるごとヴァイオリン〜その歴史と美、製作と保全(改定版)

一冊まるごとヴァイオリン
〜その歴史と美、製作と保全

アルバート・チョンピン・チュワン 著
田中良司 訳

A5判/240頁
定価=本体2,000円+税
㈱芸術現代社 刊 並製

 

一冊まるごとヴァイオリン。この奇抜な書名の奥に映える、ヴァイオリンの美しい残照。

現代人の魂に煌めき、心の暗闇を癒す響き。
ヴァイオリン製作家の目に映った16世紀ルネサンス時代の極め付けの工芸世界、やがて再び歴史に埋もれた壁への回復。

希代のプロジェクト、その精華。400年もの時の中の楽器、演奏家、聴衆との一期一会。

 

目次

〈まるごと1〉歴史と美

  • 第1章 ヴァイオリンの歴史
  • 第2章 世界のヴァイオリンづくりと流派
  • 第3章 ヴァイオリンの識別と価値
  • 第4章 ヴァイオリンのニスの秘密
  • 第5章 ヴァイオリンマーケット

〈まるごと2〉製作と保全

  • 第6章 ヴァイオリンの構造
  • 第7章 ヴァイオリンの製作
  • 第8章 ヴァイオリンの手入れと保全
  • 第9章 弓の歴史、構造、選び方と製作
  • 第10章 ヴァイオリンの音響原理

〈ドキュメント〉中国・台湾のヴァイオリン事情

 

タイトルとURLをコピーしました